症候群

内臓脂肪過多による肥満と診断された上で、脂質(lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖の中で2個以上相当するような様子のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼んでいます。
今時のオペ室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室を設置し、手術中に撮影するためのX線装置を用意するか、近い所にレントゲン撮影用の専門室を用意するのが慣例となっている。
亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに関係している酵素など、200種類以上存在する酵素を構築する要素となるミネラル分なのです。
明るくない所では光量が不足してものが見えにくくなりますが、より瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに不必要なエネルギーが必要になってしまい、日の差す所でものを見るよりも疲れるのが早くなります。
くも膜下出血とは90%弱が脳動脈瘤と言われる脳の血管にできるコブが破裂して脳内出血する事によって起こる命にかかわる深刻な病気として認識されています。
2005(平成17)年以後新たに特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった文句の表示が義務となった。
アルコールを分解する肝臓に脂肪やコレステロールが蓄積した脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変といった多種多様な病気を誘発する可能性があります。
高齢の方や慢性的な持病のある人などは、より肺炎になりやすくてすぐには治りにくい傾向があるため、事前の予防やスピーディな手当が肝要なのです。
陰金田虫とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と称されている、白癬菌というカビが陰嚢(いんのう)、股部、尻などの部位に感染、もしくは定着した病気のことであり即ち水虫のことです。
収縮期血圧140以上の高血圧が長い間継続すると、身体中の血管に大きな負担となり、体中の色々な血管にトラブルが発生して、合併症を招いてしまうパーセンテージが高まります。
触れ合うことで、要介護者がセラピーアニマルをすごく可愛いと感じることによってオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスの低減や癒やしに結びつきます。
バイ菌やウィルスなどの病気を齎す微生物、すなわち病原体が口から肺の中へ忍び入って発病し、肺全体が炎症反応を見せている事態を「肺炎」と断定しています。
チェルノブイリ原子力発電所の事故のその後の後追い調査の結果において、大人よりも体の小さい子どものほうが漏れてしまった放射能の害をより受けやすいことが判明しています。
素人が外から観察しただけでは骨折しているかどうか分からない場合は、ケガをした所の骨を弱い力で圧してみて、もしそこに激しい痛みがあれば骨折の疑いがあります。
筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩こりや首こり、張りが要因の最も多いタイプの慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような痛さ」「重いような耐え難い痛みと表現されています。