スタイル

汗疱とは掌や足裏、指の隙間などにちっちゃな水疱がみられる皮膚病で、大抵はあせもと呼び、足裏にできると足水虫と間違うケースもよくあります。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの類であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の物質が、肝臓から分泌される解毒酵素自体の生成活動をサポートしているかもしれないという可能性が明らかになってきました。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに2012年9月1日以降は予防接種法で接種が推奨されている定期接種となるので、病院などの医療機関で個々に接種してもらう個別接種のスタイルになりました。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは睡眠中ではない覚醒状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)ために欠かせない最低限のエネルギー消費量のことを指します。
下腹の激しい痛みをもたらす病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の病気など、様々な病名が挙がります。
お薬やアルコール、化学的な食品添加物等の成分を酵素によって分解し、無毒化する働きの事を解毒といい、肝臓が果たすとても重要な職務の一つであることは間違いありません。
急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、通常は腹痛・嘔吐・腹下しに見舞われる程度ですが細菌感染が原因の場合は凄まじい腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38℃以上の高熱が出るのが相違点だといえます。
学校や幼稚園のような集団行動をする時に花粉症の症状のせいでクラスのみんなと同じようにして楽しく動けないのは、子どもにとって悔しいことです。
ハーバード医大(HMS)の研究によると、毎日2カップ以上デカフェコーヒーを代用すれば、なんと直腸癌の罹患リスクを5割以上も減少させることができたらしい。
体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに使われる糖分、新陳代謝に必要な蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこういった活動を維持するために欠かすことのできない要素までも乏しい状態にする。
アルコールを分解する肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝という病気は、動脈硬化や肝硬変というような様々な生活習慣病の合併症の素因となる恐れがあることをご存知でしょうか。
緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩凝りや首こり、張りが原因の日本人に多い頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい痛み」「重苦しい頭痛」と言われます。
メタボリック症候群とは断言されていなくても、内臓に脂肪が蓄積しやすいような肥満症に陥る事に縁り、重い生活習慣病を誘引しやすくなります。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失われた後に購入できる、新薬と同じ成分で経済的負担が少なくて済む(クスリの価格が廉価な)後発医薬品のことを意味しています。
2005/02/01以後特保(特定保健用食品)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の言葉の印字が義務付けられた。